受験申込みについて

2020年9月から溶接技能者評価試験の申込方法が若干変わりましたので、お知らせします。

 

一般的には、試験区分は 1.新規受験 2.新規受験(学科免除)3.再評価試験(更新試験)4.学科追試 となります。

 1.新規受験は、初めての受験で 実技と学科試験を同時に受験します。

 2.新規受験(学科免除)は、既に免許保持者で、専門級の追加試験を対象としており、学科は免除となり

 3.再評価試験は、免許期間(3年)を更新するための試験となります。

 4.学科追試は、実技は合格したが、残念ながら学科が不合格の方を対象にした学科追試試験です。次回の試験のみが対象となります。

 

 以上は、これまでのとおりですが、2020年9月以降は次の対応となります。

 ①、2.3.の試験の場合は、既に保持している、適格性証明書(すなわち免許証)のカラーコピーの提出が義務付けられました。

 ②、従来、合格した後に、お支払いいただいた、認定料と、郵送料を 申込時にお支払いいただくシステムへと変更になりました。従来実施していました、合否確認の申請が無くなり、結果通知で、合否の判定結果を知りえることになりました。また、合格証の受け取りも郵送での送付に代わりました。(わざわざ、事務所にお越しいただく必要はございません)

 

 なお、この手続き等は、今後、WEB申請が施行されるための一環です。九州地区でもその手続き方を検討している段階です。近いうちに施工される見込みです。その折には、再度、お知らせいたします。

 

評価試験申込書記載に関するお願いと注意

現在使用できる評価試験の申込書は、備考欄に誓約事項の記載があるものとなっております

 ※申込書が下記の場合は受付できません。

  ① 漢字・フリガナの判読ができないもの。(フリガナの記入漏れが多いです)
  ② 写真サイズ(4.5㎝×3.5㎝)以外のもの。
  ③ 印鑑の不鮮明なもの。
  ④ 既得資格の記入漏れ。
  ⑤ 使用ガスの種類・溶接棒(ワイヤー)の銘柄・規格の種類の記入もれ。
  ⑥ 業種区分・実務経験年数の記入漏れ。(実務経験年数の記入もれが多いです)
  ⑦ アーク溶接安全特別教育の有無(修了書番号を記入)
   ※訂正がある場合は必ず訂正印を押してください。
   修正テープや修正液での訂正はできなくなりましたのでご注意ください。

 

 

注意:試験申込書の不備は、再度、申込書の作成をお願いします

不備のある申込書は受付ができません。
従来不備の申込書は郵送して訂正をお願いしておりましたが、
本来、受験申込書は受験者の責任に帰すものです。
不備のものは新しく記入した申込書を再度、ご郵送下さい。
なお、写真が無駄になりますのでご記入の際は、記入漏れがないよう、くれぐれもご注意ください。


評価試験申込み後のキャンセルについて

申し込み後のキャンセルはできません。既納の受験料金の返却及び受験日の変更はできません。


 


評価試験当日に関するお願い

※試験当日の仮付け・練習時間は設けていません。
※試験時以外、試験場内立ち入り厳禁。
※受験番号を呼ばれたら速やかに溶接棒(ワイヤ-)を持って受付にきてください。
※試験終了報告を必ずしてください。
※試験に必要とする溶接棒・ワイヤーは各自(会社)で持参ください。(MG50Tワイヤーのみ 準備しています)

 

溶接技能者評価試験に係る各料金の一覧

ダウンロード
新・料金表(R2.9).pdf
PDFファイル 128.5 KB